よくある質問

ウエルテックカスタマーセンターによくあるご質問を、ご紹介させていただきます。
(医療従事者の方の製品推奨や院内活用などのご質問は、製品活用のQ&Aへ。)


よくある質問

ウエルテックの製品はどこで買えますか?

全国の歯科医院や大学病院の売店などでお取扱いいただいています。まずはかかりつけ歯科医院にお問い合わせください。購入の機会に、年に数度は歯の定期検診を受診することをおすすめします。もし入手しにくい場合は、ウエルテックカスタマーセンター(0120-17-8049)へお問合せください。

歯みがき剤に使用期限はありますか?

歯みがき剤には通常、使用期限は記載されておりません。
容器に使用期限が記載されていない歯みがき剤は、医薬品医療機器等法に基づく規定により、未開封品を通常の環境に保存した場合、製造から3年間経過しても有効性、安全性はもちろん、使用感上も問題がないように設計されております。
ただし、開封後は半年以内を目安になるべくお早めにご使用ください。
製造年月日を知りたい場合は、ロット番号よりお調べ致しますので、ウエルテックカスタマーセンター(0120-17-8049)へお問い合わせ下さい。


コンクールF

コンクールF

一般的なマウスウォッシュとどこが違うのですか?

効果と味が優れています。配合されているグルコン酸クロルヘキシジン(殺菌剤)は殺菌力が高く、歯や粘膜に吸着して長時間持続する(最大約12時間)と言われています。特に欧米において使用実績が長く安心してご使用いただける殺菌剤です。また、味が良く適度な爽快感なので、長くご使用いただけます。

フッ素は配合されていますか?

配合されていません。「緑茶抽出成分:フラボノイド」の頭文字から、製品名に「F」をつけています。

価格が高くありませんか?

濃縮タイプなので、実は割安です。1本(100ml・1000円)で360~700回ご使用いただけるので、大変経済的です。

どのような時に使用すると良いですか?

毎回の歯みがき後や就寝前、口臭が気になる時などにご使用ください。(液体歯みがきではありませんので、歯みがき前ではなく、歯みがき後にご使用ください。)

使い方を詳しく教えてください。

水約25~50ml(コップ約1/8~1/4位)にコンクールF5~10滴を滴下しよくかき混ぜて数回洗口(口中をすすぐ)してください。洗口時間の規定はありませんが、歯のすみずみに行き渡るまで丁寧にすすいでください。ご使用後、お水ですすぐ必要はありません。殺菌剤が口中に吸着し、長時間持続します。

薄める濃度は、どのように決めれば良いですか?

使用方法の範囲内(水約25~50mlにコンクールF5~10滴を滴下)で、お口の症状に合せて、濃度を調整してください。この濃度で、ムシ歯・歯周病関連菌に対する効果が報告されています。わからない場合は、かかりつけ歯科医院でご相談いただくか、ウエルテックカスタマーセンター(0120-17-8049)へお問合せください。


ジェルコートF

ジェルコートF

一般的なフッ素配合歯みがき剤とどこが違うのですか?

発泡剤・研磨剤無配合のジェルタイプである点です。発泡剤無配合だから、口中が泡だらけにならずじっくり磨けて、研磨剤無配合だから、歯を傷める心配がありません。ブラッシング効果を最大限に引き出しながら、薬用成分がしっかり行き渡ります。また、配合されているフッ化ナトリウムは他のフッ素成分よりも、フッ素イオン化しやすく、歯の再石灰化に効果的と言われています。

うがいをしたら、フッ素の効果が低下しませんか?

独自の製法により、フッ素が歯面にとどまりやすいので、うがいをしても効果が低下する心配はございません。しかし、フッ素の効果をより高めるためには、歯みがきの後にジェルコートFをもう一度歯ブラシにとり、行き渡らせるようにブラッシング(フッ素コート)した後、1回だけ軽くうがいをしてください。歯面のツルツル感で、フッ素がとどまっていることをご実感いただけます。

パッケージに記載されている「殺菌力を弱めない処方」とは、どういう意味ですか?

一般的な歯みがき剤によく配合されている発泡剤は、洗口液に配合されている殺菌成分と反応し、殺菌効果を低下させることがあると報告されています。ジェルコートFは発泡剤無配合なので、続けてコンクールFなどの洗口液を使用しても、殺菌効果を低下させません。

知覚過敏が気になりますが、使用できますか?

フッ素が歯を強くし、研磨剤など歯を傷める可能性のある成分は配合されていませんので、ご使用いただけます。また、歯ぐきがやせて露出した歯の根の部分が知覚過敏を起こしやすいため、歯ぐき活性作用のあるリペリオを歯ぐきマッサージなどで併用すると、より効果的だと考えられます。(硝酸カリウム等の知覚過敏に対応する薬用成分は配合されていません。)

研磨剤が配合されていないと、歯が着色しませんか?

研磨剤は配合されていませんが、キレート剤などの働きにより、汚れの除去を助けます。しかし、コーヒーをよく飲まれる方など着色しやすい方は、週に1~2回程度、クリーニングジェル<ソフト>などの研磨剤配合歯みがき剤をご使用いただいたり、定期的に歯科医院でクリーニング(歯面清掃)を受けてください。

どのような時に使用すると良いですか?

毎回の歯みがきにご使用ください。就寝前にも、ジェルコートFを行き渡らせるようにブラッシング(フッ素コート)した後、1回だけ軽くうがいをしていただくと効果的です。

使い方を詳しく教えてください。

通常の歯みがき剤として、フッ素コート剤として、2通りの使用方法ができる製品です。

①通常の歯みがき剤として ジェルコートFを歯ブラシにとり、しっかりブラッシングした後、数回ブクブクうがいをしてください。
②フッ素コート剤として 歯みがきの後にジェルコートFをもう一度歯ブラシにとり、行き渡らせるようにブラッシング(フッ素コート)した後、1回だけ軽くうがいをしてください。

何回くらい使用できますか?

1回約2cm(0.3g)の使用で約300回使用できます。※お子様は半分の量でご使用ください。


ジェルコートIP

ジェルコートIP

ジェルコートFとの違いは何ですか?

一番の違いは、フッ素が無配合であることです。ジェルコートIPはインプラント患者さんのための歯みがき剤として、フッ素は無配合とし、歯ぐき活性・血行促進成分を配合しています。

なぜジェルコートIPはフッ素が無配合なのですか?

近年の研究で、歯みがき剤に配合されているフッ素が、口中の環境によっては、ツルツルに磨かれたチタンインプラントを腐食して粗造にしてしまう危険性があることが報告されています。粗雑になったチタンインプラントにはプラークが付着しやすくなり、インプラント周囲の歯ぐき炎症の原因の一つとなることがわかってきたため、フッ素は無配合にしています。

フッ素無配合ですが、インプラントでない歯のムシ歯予防効果もありますか?

ムシ歯予防の基本は、原因となるムシ歯菌をきちんと除去することです。発泡剤・研磨剤無配合なのでじっくりと磨くことができ、殺菌成分がお口のすみずみまで行き渡ってムシ歯菌を殺菌するため、ムシ歯予防効果も得られます。

どのような時に使用すると良いですか?

毎回の歯みがきにご使用ください。

使い方を詳しく教えてください。

ジェルコートIPを歯ブラシにとり、全ての歯をしっかりブラッシングした後、数回ブクブクうがいをしてください。インプラントでない歯のムシ歯・歯周病予防効果もありますので、他の歯みがき剤と使い分ける必要はありません。

何回くらい使用できますか?

1回約2cm(0.3g)の使用で約300回使用できます。


リペリオ

リペリオ

塩味がしますが、一般的な塩歯みがき剤とどこが違うのですか?

塩化ナトリウムの歯ぐきひきしめ効果に加えて、歯ぐき活性効果がある点です。配合されているOIM加水分解コンキオリンは、歯ぐき細胞を活性化しコラーゲン・エラスチンを増やすことで、歯ぐきに弾力を与えて回復を促します。リペリオの3か月間の臨床試験で、わずかですが歯ぐきが回復したというデータがあります。(小川智久他:OIM加水分解コンキオリン配合歯磨剤の歯肉修復効果について:日本歯科人間ドッグ学会誌:Vol.4,No.1.19~23,2004)

なぜリペリオで歯ぐきをマッサージするのですか?

歯ぐきをマッサージすることで、血液循環を促しながら、薬用成分の効果を得ることができますので、より一層効果的だと考えられます。毎日歯ぐきに触れることで、歯ぐきの変化も実感していただけます。

健康な歯ぐきにも使用して良いのですか?

もちろん、健康な歯ぐきを維持し、やせないように予防するためにも、ご使用いただけます。

どのような時に使用すると良いですか?

毎回の歯みがきにご使用ください。

使い方を詳しく教えてください。

通常の歯みがき剤として、歯ぐきマッサージ剤として、2通りの使用方法ができる製品です。

リペリオを歯ブラシにとり、歯と歯ぐきの境目を中心にしっかりブラッシングしたり、歯ぐきをマッサージした後、数回ブクブクうがいをしてください。

何回くらい使用できますか?

1回約1cm(0.5g)の使用で約160回使用できます。


クリーニングジェル<ソフト>

クリーニングジェル<ソフト>

一般的な着色除去歯磨剤とどこが違うのですか?

歯に負担をかけずに着色除去する点です。汚れを吸着する高機能シリカを配合し、汚れを絡め取ります。また、週に1~2回の使用で着色除去できるため、毎日の歯みがきでは、ムシ歯・歯周病予防などお口の状態に合った歯みがき剤を使用できます。

ホワイトニング(漂白)のように、元々の歯より白くなりますか?

着色除去効果により、歯の黄ばみを取り除くことで自然な白い歯になりますが、ホワイトニング(漂白)ではありませんので、元々の歯よりは白くなりません。

毎日使ったらいけませんか?

着色除去だけを目的としていますので、日常的な歯みがきには、ムシ歯・歯周病予防などお口の状態に合った歯みがき剤をおすすめします。また、研磨剤を配合していますので、過度に使用されると、歯を傷める可能性があります。

使い方を詳しく教えてください。

クリーニングジェル<ソフト>を歯ブラシにとり、黄ばみが気になる部分に細かくブラッシングした後、数回ブクブクうがいをしてください。歯並びが悪い部分や歯科矯正装置の下などの部分的な着色は、小型の歯ブラシを水に濡らさずに、ジェルをたっぷり取っていただき、歯面になじませていただくと除去しやすくなります。

何回くらい使用できますか?

1回約1cm(0.5g)の使用で約80回使用できます。

子供にも使えますか?

お子様にもご使用いただけます。しかし、はえたての歯は歯質が柔らかいので、磨きすぎないように気をつけてください。ガーゼにクリーニングジェル<ソフト>をつけて、指で拭うように磨くのもいいでしょう。


マウスリンス・マウスジェル

コンクール マウスリンス

コンクール マウスジェル

一般的なお口の保湿製品とどこが違うのですか?

唾液に着目した処方です。
ホエイタンパクなどを配合し、5種の唾液の働きに類似した成分(ラクトフェリン・ラクトペルオキシダーゼ・リゾチーム・免疫グロブリン・成長因子(EGF))を含んでいます。
ホエイタンパクとは、ヨーグルトなどを静置した時に上部に浮いてくる上澄み液(ホエイ)から得られた成分のことです。

なぜ唾液に着目した処方が良いのですか?

唾液は単なる水ではなく、抗菌作用、免疫作用、自然治癒促進作用など様々な働きがあるためです。乾いたお口の潤いと健康を守るためには、唾液に着目した処方が効果的だと考えています。
また、お口の粘液へのなじみが良く、しっかりと保湿できます。

抗菌効果はありますか?

配合されているホエイタンパクには、天然の抗菌作用があるラクトフェリン・ラクトペルオキシダーゼ・リゾチームが含まれています。また、コンクール マウスリンスには、殺菌剤としてよく配合されている塩化セチルピリジニウムが配合されています。口中の乾燥に伴い、細菌が繁殖しやすくなるため、その抑制を期待しています。

マウスリンスとマウスジェルの違いは何ですか?

コンクール マウスリンスは優しいミント味のすすぐ液体タイプ、コンクール マウスジェルはスッキリ甘い塗るジェルタイプです。身近なものに例えると、コンクール マウスリンスは化粧水、コンクール マウスジェルは保湿クリームのイメージです。お肌と同じように、それぞれ単独で効果的にご使用いただけますが、併用するとより潤いをご実感いただけます。

どのような時に使用すると良いですか?

歯みがき後や就寝前、お口の乾燥や不快症状(乾いた食べ物が食べづらい、お口の中がネバネバする、口臭が気になる、入れ歯が擦れる、舌がヒリヒリするなど)がある時など、いつでもご使用ください。

使い方を詳しく教えてください。

コンクール マウスリンスは、適量コップにとり、口に含んで軽くブクブクしながら左右の頬の内側を潤し、さらに唇の内側や歯ぐきにも行き渡らせるよううがいをし、口中全体を潤してください。コンクール マウスジェルは、適量指にとり、舌先にのせるように塗布し、乾燥が気になる部分から舌でジェルを塗りこみ、口中全体に行き渡らせるように舌を動かして、粘膜を保湿してください。両製品とも、ご使用後、お水ですすぐ必要はありません。保湿成分が口中にとどまり、保湿効果を持続します。併用する時は、コンクール マウスリンスで乾いたお口を潤して清潔にした後に、コンクール マウスジェルで粘膜を保湿・保護してください。

ご自身で歯みがきやうがいができない方の口腔ケアには、どのように使用すれば良いですか?

ご家族やヘルパーさんの手助けが必要です。コンクール マウスリンスをスポンジブラシなどに浸し、水分を軽く絞ってから口中を清掃した後、コンクール マウスジェルを指などで薄く塗り伸ばしてください。詳しい使用方法は、ウエルテックカスタマーセンター(0120-17-8049)へお問合せください。

1回の使用量はどれくらいですか?1日何回使えば良いですか?

口腔化粧品ですので、量の規定や回数は特にありません。ご自身の心地よいと感じられる量をご使用ください。(量の目安 コンクール マウスジェル:人差し指の第一関節の半分位、コンクール マウスリンス:5~10ml位)

コンクール マウスジェルも使用後に吐き出す必要がありますか?

食品ではなく、口腔化粧品ですので、ご使用後に口中に余分に残った場合は吐き出すか、要介護の方は拭い取ってください。適量をご使用いただくと粘膜になじみますので、口中に残らず経済的にご使用いただけます。

使用にあたって注意することはありますか?

牛乳由来成分を配合しておりますので、牛乳アレルギーのある方はご使用をお控えください。牛乳を飲んでお腹がゆるくなる乳糖不耐症の方は、アレルギーではありませんので、ご使用いただけます。


その他

歯の健康が悪いと体にも影響すると聞きましたが、本当ですか?

本当です。
ムシ歯や歯周病があると、口中の細菌が増加します。高齢者では、口中に細菌が多く存在すると、細菌が気管に入り肺炎の原因となります。また、歯ぐきの炎症が糖尿病を悪化させたり、歯ぐきの血管から歯周病菌が全身に巡り心臓病と関連するとも報告されています。体の健康のためにも、歯の健康を心がけましょう。


ウエルテックカスタマーセンターの電話窓口

お問合せはお気軽にお電話ください

0120-17-8049